東京シニアパソコンアカデミー

テディベアのすすめ

テディベアのすすめ

私はもちろんテディベアを持っているアンティークテディベアではないがイギリスの作家が作ったものだ、もう20年以上前に購入したものだ、10cmほども小さなものだが、ボブヘンダーソンにちなんでボブという名前を付けている、このテディベアのことはまた後ほど書くことにする、テディベアのすすめのタイトルだが、とにかく1体でいいから自分のために買って持ってもらいたい、小さなものでも大きなものでも構わない、廉価なものでも良いがそれなりの価格のものを選ぶようになるまで選んで見てほしい、ネットでも買えるが実物を見てほしい、専門店がなかなか見つからないかもしれないが、イベントやコンベンションもあるのでテディベア協会などのホームページを参考にしてもらいたい、ところで何故テディベアを自分のために買うのか、テディベアの歴史やエピソードなどを知るとその意味を理解してもらえると思う、著書にも書いたがテディベアが何故2000万円もするものがあるのか、高価な宝石でもなく金やプラチナでも無いただのぬいぐるみなのにだ、世界で一つしか無い希少価値もあるのだが、一番の価値はそのテディベアがグッドテディベアとしてのシンボル的な存在だからだ、グットベアというのは20世紀の戦後発祥した慈善運動でボブヘンダーソンが始めた運動になる、孤児院や災害地などのケアのためにテディベアを寄付する運動になる、つまりテディベアというのは心のケアとしての効果があり多くの人達を癒やし助けてきた実績が証明された、ドイツの救急車では子供が怪我をしたときテディベアも一緒に乗せて安心させるそうだ、包帯を巻いたテディベアの写真が多いのもそのせいだ、イギリスや日本の皇室でもテディベアは愛されている、イギリスのテディベアには王室御用達のメーカーもあるくらいだ、悲運のアルフォンゾもロシア皇帝の所有していたものだ、あまり語られないがテディベアというのはプレッシャーの多い立場の人やストレスの多い方たちの心のより所となる役割を果たしている、私自身も過去にテディベアによってストレスから救われた事例がある、こうして書くとキリがないのだが、テディベアは不思議な力がある、なんでも鑑定団の岩崎宏昌氏もアンティークテディベアは世界の七不思議のアイテムだと言っていたことを思い出す、そんな意味でだまされたと思って一つ買ってみるのも良い体験になるだろう。