アンティークテディベアの取り扱い方

テディベアデイの取り扱い方

アンティークテディベアを入手したらすぐにやらなければならないことがある、テディベアは害虫(カツオブシ虫)が大敵だ 手足のフェルトなど、一晩で食い尽くされてしまった例もある、薬店で衣類用の防虫剤をビニール袋に入れてテディベアも一緒に入れ密閉しよう一両日置いて開封したらルーペなどで隅々まで調べよう、冷凍庫などに保存と言うことも考えられるがガラスの目などが割れることもあるので避けた方が賢明だ、後はホコリなどのかからないケースに防虫剤とカビ防止の乾燥剤などと一緒に保管することをお勧めする、それから蛍光灯や紫外線など色褪せしやす環境はできるだけ避けよう、愛しいテディベアをケースに隔離してしまうのは心苦しいがアンティークテディベアの場合仕方のない環境だ、ガラス越しでも我慢しよう、時々は異変がないかケースから出して点検してほしい。

シュタイフテデイベア
おすすめの記事