イギリスも昔話3匹の熊

テデイベアでも3匹の熊の話はよく出てくる、コレクションにも3匹の親子のテディベアが多く見られるここにあるシュタイフのコレクションはには逸話がありますイギリスの身寄りのない老婦人が3体を離れ離れにしないことを条件に手放した貴重なベアファミリー1910年製

 

 

あらすじ

女の子が森でクマの家を見つける。誰もいないので入ってみると、テーブルの上にお粥が置いてあった。1つ目のお粥は「熱すぎる」。2つ目のは「冷たすぎる」。3つ目のは「ちょうどいい」ので、全部飲んでしまう。

女の子は疲れていたので椅子に座ろうとした。

1つ目の椅子は「大きすぎる」。

2つ目のは「もっと大きすぎる」。3つ目のは「ちょうどいい」ので座ったが、椅子は壊れてしまった。

眠たくなったので寝室に行ってみると3つのベッドがあった。1つ目のベッドは「固すぎる」。

2つ目のは「柔らかすぎる」。3つ目のは「ちょうどいい」ので、そこで寝てしまう。

クマが戻って来て、お粥は食べられ、椅子には座った痕があり、1つは壊されていて、ベッドには寝た痕があり、子グマのベッドには女の子が寝ているのを発見する。目を覚めた女の子はクマに驚き、慌てて家から逃げていった

 

シュタイフテデイベア
おすすめの記事