モディリアーニの皮肉

モディリアーニの絵が160億円で売れました、もしモディリアーニが生きていて、これを聞いたら小躍りして喜んだことだと思います、35歳で亡くなり美人の妻ジャンヌも妊娠していたのに自殺してしまいました、貧困と病気に悩まされた悲運の芸術家として、後世に語り継がれています、当時のパリにはゴッホをはじめ多くの芸術家がひしめいていました、そしてみな貧乏でした。

シュタイフの創立者マルガレーテも貧しかった兄弟の一人として生まれてまもなく小児麻痺を患い両足と右手が不自由な一生車椅子の生活になりましたが、得意の洋裁で像のピンクッション(針刺し)を作り評判になりました、それが今でも貴重なエレファントボタンとして珍重されている理由です、その後、甥リチャード・シュタイフによってシュタイフテディベアが誕生して今の隆盛を築いています、貧困は人に多くの試練と可能性を与える実例として書いてみました

シュタイフテデイベア
おすすめの記事